スポンサードリンク

システム手帳

システム手帳は、1921年にイギリスで、Filofax の「6穴バインダー手帳」として発売されたのが初めです。日本初の国産システム手帳は、1968年に経営コンサルタントの奈良総一郎が考案した「システム・ダイアリー」(SYSTEM DIARY)とされています。



システム手帳は、リフィル(refill)と呼ばれる用紙部分を交換可能なのが特徴です。システム手帳ではデファクトスタンダードがほぼ確定していて、同じサイズであれば穴の位置や個数など規格が統一されているため、メーカーの別なく自身の好みやニーズに合わせて自在な組み合わせが可能です。



そのため、市場には様々な特徴をもったものや、工夫を凝らされたシステム手帳が、本体はもとよりリフィルでも販売されていて、インターネットでリフィルのソフトを無料で手に入れることも出来ます。したがって、自分のスタイルないしニーズに合わせたリフィルや手帳本体の組み合わせを手に入れることが出来ます。



しかも、システム手帳は、その利用法が多彩であることから、その活用法や、利用するための工夫とそれに伴う付加価値的な利用方法といったものも方々で公開されていて、書店などに行けば、これに関しての活用方法を著した書籍も見られます。



デザイン性の高い小物ブランドメーカー製や機能に工夫を凝らした手帳専業メーカー製などシステム手帳は単年度の手帳と異なり、長いこと使用することもあり、製品の数はかなりなものといえます。また、単なるスケジュール管理に止まらずフランクリンプランナーなどのように人生全体を管理するツールとして用いる方法も提案されています。

スポンサードリンク



「らくらくパソコン手帳」
成功するためには、 成功したイメージを持つことと、 毎日その日にやるべきことを 効率よくこなしていくことも必要です。 パソコンを使っている方でしたら、 Tkp Dairy(パソコン手帳)を セットアップするだけで、 あなたを強力にサポートしてくれるようになります。 毎日の成功の積み重ねを入れましょう!「らくらくパソコン手帳」Tkp Diary Version 2.5 Standard






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。